AirFreedom

週末は欠かさず釣りに行ってます、武者小路です。 海釣りから川釣りまで幅広~くやってます。 平日は日々の日記、週末は釣り日記みたいな感じでいきますんでヨロシク。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第一次沖波止場大戦

昨日更新できなくてすみません。

2日連続の釣り行が身体に堪えました、筋肉痛とはまた違ったダルさが身体を支配しております。





さて本題に移るとしますかね。

昨日、行ってきましたよ、沖波止場へ。

メンバーは、私と、若(クラスの担任)、チビ(釣り仲間)で行きました。

今回は我が校のヨット部に便乗して、船で沖波止場まで連れて行ってもらいました。

本来ならば瀬渡し料として2000円掛かるのですが、タダで行くことができました。

さて、車で目的地まで移動します。

若の車は二人乗りなので、私が若の車に乗り、チビはヨット部の車に乗っていきました。

そして車で移動中、いろいろ若と釣りの話をするわけですよ、そして話が盛り上がってきて、若が

若「オレ、もうチヌ2匹釣った、頭の中で」

という訳の分からぬ事まで話し出して、釣る前からハイテンションでしたねwww

そうこうしている内に目的地に到着↓

CIMG0753.jpg



写真ではよく見えないのですが、写真の奥の方に沖波止場があり、そこまで船で送ってもらいました。


で、そこでハプニングが発生。


船は陸とロープで繋がっていて、あまり安定していません。そこに若が乗ろうとしました。


が、どうしたことか船に足がとどきません

とどかず身体を腕だけで支えている状態になった若、腕がピクピク震えてましたwww


2度目のチャレンジでなんとか船に乗ることができた若、それが一回目の海に落ちかけた場面でした。


そんなこんなことがありようやく釣り場に到着、その時9時。


さて、皆で海に一礼して釣りの開始です。


皆最初は当初の目的通りチヌの仕掛けで釣り始めました。


チヌ釣りは時間とのバトルですので、待っている間だった私はカワハギを釣ろうと思って鉤が3つ付いている仕掛けで挑みました。


この仕掛けはウキを付けないので、竿先をみて、ピクピクという当たりがあったらタイミングを見計らって合わせます。


第一投目、竿先にピクピクという当たりがありました。


そこで合わせを入れてフッキング(魚の口にハリを掛けること)に成功しました。


で、釣り上げてみてガックリきましたね、釣れたのはフグでしたOTL


何故フグが釣れると悲しくなるのかというと、奴らは人間の前歯みたいな歯を持っており、そいつで糸を切ってしまって仕掛けを台無しにしてくれるのです。

しかもフグは群生しているので、そこには他にもフグがいると言うことになります。

で、さっそく仕掛けをダメにしてくれました(T_T)


フグは全世界の釣り師の天敵です、ですからたいていの人は天日干しにして放置しておくのですが、私にはそんなことはできません、蹴っ飛ばして海へ帰してあげますw(たまに勢いが強すぎて浮いてくる奴もいますが)


私がフグを釣っている側でチビに当たりが、イイダコが釣れてました。


一方若は、アジしか釣れてませんでしたwww


正午、チヌの釣れる気配も無く、なんとなく諦めムードが漂っているときでした、ヨット部の顧問の先生が

先生「船でキス釣りでもするや?」


我々は少し悩みながらも、この状況を打破するにはこれしかないと思い、お願いしました、これから悪夢がおとずれることを知りもせずに…。


えぇ、まず第一、沖波止場まで送ってもらった船は定員5人乗りの少しぼろいかなってくらいの漁船だったのですが、まぁなんとか大丈夫でした。

我々は船釣りもその船かと思い、船の到着を待つ。



岸から何かが近づいてくる、それはなんとゴムボートだった!

一応エンジンは付いているが操舵者を含めた四人が乗り、さらにその上で投げ釣りをするにはちょっと、むしろかなり狭いように感じられた。

とまぁ文句を言っても仕方が無いので、我々はボートに乗ることにしました。


そこでまたハプニング発生。


沖波止場ですのである程度海面から高さがあります、2.5mといったところでしょうか。

私とチビは軽々ボートに飛ぶ乗ることができましたが、明らかに運動不足の雰囲気を醸し出している若、案の定、乗るのに相当苦労しました。

船などになる時に着用するライフジャケットみたいなのありますよね、それが降りるときに波止場に引っ掛かってまた下りることができなくて、後一歩で海にめでたく着水するところでしたw

なんとか船に乗り込み、いざ出航。


その時私はゴムボートに海水が溜まっていることに気づいたが波しぶきが入ったんだろうと思って、その時は気に留めませんでした。


船長(ヨット部部員)に誘導されポイントに着きつり始めてみる。

釣れない

ポイント移動

釣れない

ポイント移動

ヒトデが釣れる

ポイント移動

釣れない

諦める


結局ヒトデ一匹釣っただけで船釣り終了


(あれだけ釣れるって言ってたくせに~~)


釣れないと分かり沖波止場に戻ろうとしました。


その頃風が強く、波が結構高かったです。


その中を疾走するゴムボート、波をえぐるように走る、波とぶつかり水しぶきがズパーンと上がりました。


その時不運にも先頭にいたチビがもろに被弾、背中がずぶ濡れになりましたww


さて、ボートもようやく沖波止場に戻り下船の準備を始める、その時、私はボートに溜まっている海水の量が増えていることに気づく。


そしてよくボートを見てみるとなにか泡らしきものがブクブクと泡立ってるではありませんか。


なんとそのボートには10cmくらいのヒビが船底にはいってたのです。


そこでそのことを船長に聞いてみました、すると驚くべき回答が返ってきました



















船長「大丈夫、ここ大村湾だから」



誰がこんな回答が返ってくると想像したでしょうか。


確かに大村湾は周りが陸に囲まれてるから漂着するけどさぁ、あんまりじゃね!?


けどそのボートは海上自衛隊が使用しているボートと同じ素材でできているのでちょっとやそっとじゃ沈まないそうな、しかも300万くらいするらしい。



あのボートを見て300万と当てることができる人は相当目利きですね
(私なんて20万くらいかと思いましたもん)




そんなこんなで沖波止場に戻った我ら、チヌ釣りを再開しました。



しかし、釣れるのはアジばっか、チヌの釣れる気配すらありません。


時間と言うものは早いものであっという間に4時になり釣り終了の時刻になりました。



結局、誰一人としてチヌを釣り上げることができず、今回の釣り行は終了。



今回釣った魚たち
CIMG0755.jpg

写真をアップしていただければ名前が書いてあります。


で、今回釣った全ての魚たち
CIMG0757.jpg


















まさにお魚天国って感じですねw





ポチっとお願いします。




スポンサーサイト
  1. 2006/10/16(月) 22:43:46|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<カラオケバトン | ホーム | 前哨戦>>

コメント

海に一礼するんだw礼儀正しいね☆
これも釣り人のルールなのですか?
  1. 2006/10/16(月) 23:04:35 |
  2. URL |
  3. ☆fumi♪ #-
  4. [ 編集 ]

蹴っ飛ばして海に帰すぐらいだったら、若に投げつけるとか……。
てか、いっそフグと一緒に若を突き落とすとか……。
むしろ、フグより若を突き飛ばすとか……。
  1. 2006/10/17(火) 19:35:46 |
  2. URL |
  3. ケン #G/GX12B2
  4. [ 編集 ]

>☆fumi♪さん
一礼したのはヨット部の皆さんがしてたのでチョット真似してみただけw

>ケンさん
そういえば若が釣ったアジをぶら下げてオレに当ててきたw
たぶん若海に落としたら死んじゃうwww
  1. 2006/10/17(火) 21:35:55 |
  2. URL |
  3. 武者小路 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mushanokouji.blog79.fc2.com/tb.php/5-eab7dd6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。