AirFreedom

週末は欠かさず釣りに行ってます、武者小路です。 海釣りから川釣りまで幅広~くやってます。 平日は日々の日記、週末は釣り日記みたいな感じでいきますんでヨロシク。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

深夜アニメ

10日ぶりの投稿ですね。

最近3次元のリアルで忙しく、なかなか電脳世界にのめり込めない日々が続いていました。

今日ぐらいから、今までのスタイルを変えて、文章は短くなると思いますができるだけ毎日更新する事を心がけようと思います。

アクセスカウンターの数字が「0」に為らない限り。




そういうことで修学旅行の話は一度凍結。また書きたくなったら書きます。


えぇーっと、今日はクリスマスイヴです。

だからどこのブログでもその話題ばかりだと思います。


ですので少し趣向を変えて別の話を。


「アニメ」について話したいと思います。


一概にアニメといってもいろいろな種類があります。


少年アニメ、戦隊アニメ、ロボットアニメ、深夜アニメ、上げればきっとキリがありません。


そのなかであまり世間(ココでいう世間とは一般常識の中での世間である)で噂されないのが深夜アニメ。


理由は簡単でしょう。


まず第一に深夜であるということ。


基本的に深夜アニメは0時以降から3時くらいまでです。


そんな夜遅くに一般人はアニメなんて見ません。


第二に深夜アニメの世間的捉えられ方。


きっとあまりよくないでしょう、理由はあまりうまく説明できませんが。


この二つが大きな要因だと考えます。



私は友人から大量の深夜アニメのデータを貰いました。


最初はもちろん見る気なんてしませんでした。


しかし、貰ってほったらかしにしておくのもなんですし、とりあえずあるアニメの一話を見てみることにしました。



人間面白いもので、少しでも興味が湧くと次が知りたいという衝動に駆られるのです。


1話の次は2話、3話と話が進むにつれてその興味は止まる事を知りません。


ついには時間も忘れ、そのアニメを見ることだけに集中してしまうのです。



深夜アニメと言うのは大抵1クールから2クールが相場です(1クール…13話)。


ですので一日もあれば全話見ることが可能です。


それが休日とあれば楽勝です。


暇な休日ほど時間をもてあます時はありません。




きっとこのブログを観ている人の中にも深夜アニメを馬鹿にしている人がいると思います。

それはそれで構いません。


しかしまだ見たことがなく馬鹿にしているのなら話は別です。


先入観のみでまだ見ぬ可能性を捨ててしまうのは愚かな行為である。


あなたはまだ深夜アニメの素晴らしさを知らないのだ。


あの見事なまでのシナリオ構成、特にTYPE-MOONの作品は別世界です、格が違います。


深夜アニメは先にも述べたように大抵13話、もしくは26話前後で構成されています。


ですのでゴールデンタイムに放送されているようなアニメのように無駄にストーリーを長引かせてグダグダになって終わると言うような事態は殆ど発生しません。


それにゴールデンタイムで放送されているアニメを好きで見る大人はオタクかマニア以外の人は好んでみる事はあんまりないでしょう。


しかし、深夜アニメは簡単に言えば大人向けのアニメなのです。


ある雑誌では、深夜アニメは普通の大人が見ても感心できる作品が多いと評されていました。


実際、高校生くらいにもなると少年向けアニメを見るということは少しはばかられるはずです。


しかし、深夜アニメは大人が見ても見るに堪えうるシナリオ、世界観、キャラクターで構成されています。


実際、私が見た深夜アニメはどれも感動できる作品ばかりでした。


ここで、私のお勧め深夜アニメを一部公開します。


「月姫」「Fate/stay night」「涼宮ハルヒの憂鬱」「ひぐらしのなく頃に」「NHKにようこそ!」



「月姫」「Fate/stay night」はTYPE-MOONの作品で、いいずらいのですがギャルゲー出身のアニメです。


しかし、その市場効果は図りしえません。


ただ、一般人が知らないだけなのです。


TYPE-MOON自体、今では超一流ブランドなんですよー。


「涼宮ハルヒの憂鬱」「ひぐらしのなく頃に」


この両作品も素晴らしい出来でした。


「ひぐらしのなく頃に」は結構ホラーなので心臓の弱い方は要注意かと(マジで)。

友人、マジでビビッてましたからwww


「NHKにようこそ!」は現在進行形で放送中です。


私の友人はあまり好きではないといいますが、私は結構好きです。


こんな感じで、私は沢山の良き作品にめぐり合えた事を幸せに思っています。


大袈裟に聞こえるかもしれませんが、私は深夜アニメからたくさんのことを教えられました。

それは一概に文章で表すことはできません。


フィーリングなのです。


感じ取ることで私はいろいろ知る事ができました。


それは深夜アニメを見たものだけが得る事ができるもの。



なんだかグダグダになってしまいましたね、今日はこのくらいで。


ちなみに深夜アニメ以外のアニメを軽蔑してるわけではありません、私は元少年向けアニメ視聴者の一人ですから。

ただ、深夜アニメの素晴らしさを、一般の人々にも知ってもらいたかったわけです。



にほんブログ村 釣りブログへ
スポンサーサイト
  1. 2006/12/25(月) 00:23:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BUMPバトン | ホーム | 修学旅行2日目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mushanokouji.blog79.fc2.com/tb.php/32-ae868e0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。